ペットボトルのリサイクル

eco eco NAVI

ペットボトルのリサイクルを適切に行うための心得について

使用済みのペットボトルはプラスチック製品の原料として再利用されることから多くの自治体や回収業者がリサイクル目的で収集を行っています。
その一方で誤った対処によってペットボトルを有効に再利用できないケースもあることから、適切な方法で取り扱うように心がけることが大切です。
一般的に回収した資源をリサイクルする際は不純物の混入を防ぐことが重視されます。
使用済みのペットボトルの場合は内部に飲料水などの汚物が残っていると品質が劣ってしまうことから、リサイクル処理を行う際には品質を安定させるために丁寧に洗浄を行うことが大切です。
また、処理施設によっては変形や破損が生じている物は機械で処理できない場合もあるので、特定の支持が無い場合は自分で容器の圧縮や裁断などは行わないように気を付けます。
資源の再利用は環境保護に不可欠な行為なので、適切に回収できるように地域別のルールに従って取り扱うことが社会的なマナーになります。

ペットボトルをリサイクル回収する際の注意点について

ペットボトルは細かく粉砕した後に再資源化の加工を施すことでプラスチック製品の原料としてリサイクルされます。
そのため、環境や資源の保護を目的として地域の自治体や専門業者による回収が各地で行われています。
ペットボトルをリサイクル回収する際は自治体などが定めたルールに従うことが大切です。
ペットボトルの再資源化は専用の機械で行われるので、異物や汚れの混入を避ける必要があります。
そのため、回収の際には内部を洗浄したうえでキャップやラベルなどを予め取り除いておくことが大切です。
また、機械での処理を行う際、製品の形状が歪になっていると再資源化に適さないと判断されてしまうことがあります。
リサイクル回収を行う時は自分で潰したり切り刻む行為は避け、市販されていた状態の形状に保つように心がけます。
回収に関するルールは地域によって異なるので、自分が居住している地域のルールを遵守することが適切な再資源化に繋がります。

注目サイト


テーブルコーディネートの知識が身に着けられます


最終更新日:2020/6/18

COPY RIGHT (C) eco eco NAVI. ALL RIGHT RESERVED